引き寄せの法則のコツ-お金、恋愛、仕事、成功-:世界一簡単な引き寄せの法則

引き寄せの法則を中心に、自信の付け方、能力の高め方、夢の叶え方をご紹介。

強制的に脳を動かす、コミットメントとは?

2013/12/22

みなさんはコミットメントというのをご存知でしょうか? コミットメント(commitment)は、公約や、宣言という意味があります。海外で、男女の間で使われる場合は、もうだれとも浮気しませんという意味になるんです。あなたがなにか新しく始めようとすることがあるとき、このコミットメントを行うと、実はすごい効果があります。

PR

無料で本1冊:
どうすればセルフイメージを変えれる?

全米トップクラスのパフォーマンスコーチが明かす、
潜在意識を使って相手を思い通りに操る方法とは?
こちらから

 

NBAスーパーヒーローもコミットメントを行った?

basketball

NBAのあのスーパーヒーロー、マイケルジョーダンは、なにか物事を成し遂げる前、彼はいつもマスコミの前で「●●を成し遂げる」と公言していました。すると不思議と彼は、なにもかもを成し遂げていったんです。

一般人でもコミットメントを行うと

彼がスーパーヒーローだったからなのでしょうか? そんなことはありません。あるインターネット起業家がいました。彼はずっと稼ぐことが出来なくて、もう今月ダメだったら諦めようと思っていたそうです。その時付き合っていた彼女に、「今月15万円稼ぐことが出来なかったら、仕事を辞める」と公言したそうなんです。そうすると、彼は脳の本気モードにスイッチが入り、必死に頑張ったら簡単に稼げてしまったそう。今彼はその世界では第1人者になっています。

コミットメントは日本人向き?

コミットメントというと、馴染みのない言葉ですし、欧米人向けと思われがちです。しかし実はこのコミットメントこそが、日本人向けの目標達成術だったんです。私の周りにいる成功者の人達は、だいたいみんなコミットメントしています。ある起業家の友人は、師匠がいたらしく、彼はその師匠に100万円渡してこう言ったそうです。「師匠、僕は稼げるようになりたいです。今月この売上まで行かなかったら、この100万円差し上げます。」彼は生活費がなかったですから、稼がないと行きていけません。彼はスイッチが入り、その1ヶ月は必死で働いて、目標までいったそうです。

この方法は日本人にあっているんです。日本人は、恥の文化をもっています。自分の目標すら恥ずかしいと言って、人になかなか言えない人が多いんですが、ところがこの恥を逆に利用してしまうんですね。他人にコミットメントしてしまえば、やらなければ影でなにを言われるかわかりません。失敗はするかもしれませんが、有言実行したとして、周りの人たちはあなたを認めるようになるでしょう。

大事なのは脳を本気にすること

人間の脳は怠け者です。どうやって本気にさせるか、それが大事なんです。脳を本気にさせるためには、知恵を絞って考えぬくべきです。私も海外留学しようと思った時に、周りに公言して、その週末には退職願を提出していました。みんな驚いていました。もしあなたが例えば、好きな人がいるのだけれども、告白できないとします。友人に公言してしまいましょう。「●月●日までに、告白する」と言ってしまうんです。そうすると、あなたの脳はスイッチが入り、行動をするようになるでしょう。

 

まとめ:

脳を動かす秘訣は、他人に宣言してしまうこと。他人に言うと、達成できないと恥ずかしいので、やるしかありません。あなたもぜひ、友達に宣言してみてください。

-やる気の出し方, スキル, メッセージ
-,